七夕の伝説(由来)や歌詞の意味は?食べ物や飾りは?三大祭りと雨

七夕 伝説

毎年夏がくるとロマンチックな
七夕の時期がやってきますよね。

7月7日は七夕です。

彦星と織姫が出会える様にお天気を
気にしてみたり、てるてる坊主を
作ってみたり、夜空を気にしたり。

でもよく考えてみると七夕の伝説って
実は詳しく知らないし
由来なんてなおさら分からない。

七夕の歌の歌詞ってどんなのだっけ?
七夕に食べる食べ物ってなんだろう。

願い事を書く七夕飾りを
笹の葉につけるけどその意味ってあなんだろう?

毎年なんとなく七夕飾りを飾って
お願いをするけど知らないことだらけですよね。

そんなあなたのためにロマンチックな
七夕の伝説について詳しく紹介していきます。


スポンサーリンク

七夕の伝説(由来)は?

ご存知の方も多いかと思いますが
一般的な七夕の伝説についてお話します。

天界にとてもきれいな7人の姉妹がいました。
その綺麗な娘たちは天帝の孫娘でした。

中でも一番下の織姫はとびぬけて
機織りが上手な娘でした。

また、天界から天の川をこえると
そこには人間界があります。

人間界に、それはそれはまじめでよく働く
彦星という若者が年老いた牛をつれていました。

それを見ていた天帝は自分の孫娘である
織姫をその真面目な彦星のところへ
お嫁にいかせようとしました。

二人は夫婦になり可愛い子供を授かりました。

しかし、結婚生活があまりにも楽しく幸せすぎて
織姫は機織りをやめ、彦星は仕事をせずに
二人して怠けてしまいました。

それに怒った天帝は二人を引き離しました。
二人は落ち込んでしまい、毎日泣き続けました。

それを見てかわいそうに思った天帝は二人が
真面目に働くのであれば1年に1度天の川に
カササギが橋を架け合うことを許されました。

しかし、雨の日は天の川の水が増えすぎるため
カササギが橋を架けることができず
二人は出会うことができません。

というのが七夕の伝説ですよね。
結構、省略しましたが(笑)

この七夕伝説の由来はどこからきたのでしょうか。

1つには中国からこのお話が
伝わってきたと言われています。

伝わってきたお話が「万葉集」に
書かれているそうです。

中国からきたお話では織姫が彦星に
会いに行く話ですが当時の日本では男性が
女性の家に通う通い婚が主流だったので
書き換えられたと言われています。

もう1つにはギリシャ神話にでてくる
お話の中に天の川は主神ゼウスの子供である
ヘラクレスが母親の母乳を長時間強く吸い続けて
流れたのが天の川だと言われてます。

だから、ミルキーウェイなんて言うの
かなって今、ふと思いました(笑)

確かドラえもんでミルキーウェイって
言っていた記憶があるので・・・

ハレー彗星の話してたときだったかな?
あ、脱線してしまいました。

さて、次は七夕の歌についてです。

七夕のうたの歌詞の意味とは?

幼稚園とか保育園、小学校で一度は
唄ったことがある七夕のうた。

そもそも歌詞ってちゃんと覚えていますか?

間がおかしいことになっていませんか。
そして意味とか考えてみたことってあります?

ということで、歌詞を思い出してみましょう!

たなばたさま

ささのはさらさら
のきばにゆれる
おほしさまきらきら
きんぎん砂子

五しきのたんざく
わたしがかいた
おほしさまきらきら
空からみてる

自分の覚えていた歌詞と
照らしてみてどうでしたか?

そして歌詞を改めて思い出すと
気になる単語がちらほらしていますよね。

普通に唄っているけど
分からない意味の単語があります。

まず「のきば」ってなんでしょう?
のきばを漢字で書くと「軒端」になります。

のきの端っこと言う意味になります。
のきって言うのは屋根下の端または庇を指します。

最近はマンションが多かったりで七夕飾りを
飾るのもなかなか一苦労ですが昔は平屋の
一軒家が一般的だったので庭先や玄関口に
七夕飾りを置いている家がたくさん見られました。

七夕の時期になるとその置いてある七夕飾りが
風に揺られて屋根の下にあたっている
光景が多かったのでしょう。

そして次は「砂子」ですね。
意味をご存知ですか?

砂子とは、金箔や銀箔を細かくして
粉の状態にしたものを指すそうです。

もちろん当時はかなり
高価なものだったそうです。

表現としてはまるで砂子のように
見たことのないような金箔や銀箔を
散りばめたように美しくきらきらと光り
輝いているということなのでしょう。

最後に「五しき」ですね。

五色とは中国にある五行伝説から由来している
と言われていて青、黄、赤、白、黒をさします。

この歌詞の中ではいろいろな色
と言う意味で用いられています。

笹の葉に飾られた飾りの色が
色とりどりだと表現してあるのでしょう。

七夕のうたを歌詞の意味を考えながら
歌っていくと何とも風情のある
光景が目に浮かんできますよね。


スポンサーリンク

七夕に食べる食べ物は?

七夕に食べる食べ物って聞いて
あなたは何を想像しましたか?

子供の日なら柏餅とか、ひな祭りならちらし寿司
などのようにすぐにでてきますが七夕飾りとか
天の川がメインすぎてご存知ない方が
もしかすると多いのではないでしょうか。

七夕に食べる食べ物は実は「そうめん」です。

夏になったら毎日食べるよと思われるかも
しれませんがしっかりと意味もあるんです。

その意味を紹介しておきますね。
そうめんの原型はむぎなわと言うものだそうです。

このむぎなわとは中国から伝えられたもので
小麦粉と米粉を練ったものを縄の形にした
お菓子だそうです。

日本には平安時代のころに伝わったようですが
どうやらお供え物だったようですね。

つまり平安時代の頃からあるそうめんは日本では
古来のもの、そして七夕の行事も日本古来のもの
というような共通点からそうめんを七夕に
食べることになったというわけです。

今年は、忘れずに食べてくださいね。

七夕の飾りはどうする?

七夕と言えば笹の葉につるす飾りと
短冊がメインではないでしょうか?

奈良時代には七夕の飾りは五色の糸や
願い事、和歌を書いた梶の葉を飾ったそうな。

現在のような飾りが浸透してきたのは
江戸時代からと言われています。

五色の糸が切り紙工作へ変わり願い事や
和歌を書いていた梶の葉が
短冊に変化してきたのでしょう。

お空の上にいる天の神様に見えるように
七夕の前の日の7月6日から笹の葉を飾って
商材繁盛、無病息災をお願いするように
なったと言われています。

ここで具体的に七夕の飾りに決まりがある
というのをご存知でしょうか?

ちょうちんかざり

これは願い事を書いた短冊を
明るく照らすって意味があるそうです。

ねじりあみ

海で魚がたくさん捕れますように、作物が
たくさん実りますようにという願いの
こもった短冊だそうです。

紙ごろも

裁縫や織物が上達しますように
という意味があるそうです。

これは紙の着物だったみたいです。

星のふきながし

織姫様の機を織る糸を現した
ふきながしだそうです。

織姫と彦星

これは七夕のメインですよね。

七夕の日に織姫と彦星が
出会える様に飾りましょう。

二人のように永遠の愛が
つづきますようにと意味があります。

忘れがちなのがこの飾りです。

彦星のお仕事に必要な牛は
忘れず飾ってくださいね。

天の神様が真面目に働いているか見ていますよ。

約束が守られていないと
1年に1回会うことが許されません。

短冊

五色の短冊に色々な願いをこめて飾りましょう。
願いがかないますようにとの意味があります。

笹の葉

ちゃんと笹の葉にも意味があります。

邪悪なものから守ってくれますように
と言う意味があります。

折鶴

家族が健康で長く生きられますように
という意味があります。

家庭によって飾るものは様々かもしれませんが
七夕の飾りにはたくさんの意味があるそうです。

今年の七夕にもたくさんの願いを
込めていろいろな飾りを作りましょう。

七夕の日本三大祭りはどこ?

日本の三大七夕祭りをご存知ですか?

有名なのは仙台ですが
実はほかにも有名なところがあります。

仙台七夕祭り

ご存じの方も多いかと思いますが
日本で一番有名なのは仙台の七夕祭りです。

伊達正宗の時代から続く
伝統行事の一つだそうです。

七夕は本来なら旧暦の7月7日がメインですが
仙台の七夕祭りは中暦を採用して
8月6日から8日まで開催されているそうです。

期間中は仙台市内中心部、商店街に
色鮮やかな大きな七夕飾りが飾られます。

毎年その様子を見に200万人の
観光客が訪れる盛大なお祭りだそうです。

平塚七夕祭り

次に有名なのが湘南平塚七夕祭りです。

平塚では戦後の商業が活性化されますように
と始められたのが最初だそうです。

活発な商業の象徴として盛大な七夕飾りが特徴。
中心街には500本もの飾りが飾られます。

とても豪華な飾り付けがされるので
飾り付けは日本一だと言われます。

毎年七夕前の7月3日ころから5日ころまでの
金土日の3日間開催されています。

一宮七夕祭り

最後に愛知県一宮市で行われている
七夕祭りも大きなお祭りです。

一宮の守り神である真清田神社に祭られている
神である「天火明命」あめのほあかりのみこと)の
さらに母となる神様である「萬幡豊秋津師比売命」
(よろずはたとよあきつしひめのみこと)は
昔から織物の神様として有名だそうです。

その神様を祭り、1年の感謝を込めた
お祭りが一宮七夕祭りだそうです。

7月の最終日曜日をフィナーレとする
木曜日からの4日間行われているそうです。

日本の三大七夕祭りを紹介しましたが
あなたはどこの七夕祭りに興味がありますか?

祭りと言えば花火大会とかも
この時期は多いですよね!

花火大会についてもまとめてあるので
よければ読んでいってくださいね。

花火大会の日程(東海三県)

七夕が雨になる確率が高い?

七夕の日に織姫と彦星を出会わせてあげたいのに
なぜか雨が多いなと感じたことはありませんか?

思い出すとなんだかそんな気がしますよね。

そもそも、梅雨真っ盛りのこの時期に
七夕祭りをするからなのでしょうか。

梅雨時期の洗濯テクニックを伝授!

もともとは旧暦で七夕祭りを行っていたのですが
明治の途中から新暦に変わってそのまま
当てはめたため1か月早く七夕を行うようになって
しまったのが原因だと考えられます。

旧暦の七夕は8月7日なので梅雨も終わり彦星と
織姫が1年に1回出会うことが出来た訳です。

過去の七夕の天気のデータを調べてみると
過去20年のうち晴れていた七夕は
4回だけなのです。

さあ、今回2015年の七夕ですが
見事、晴天になることはできるのでしょうか。

毎年なんとなく笹の葉に七夕飾りを
飾っていた七夕ですが七夕の伝説や飾りの
意味、七夕に食べるものなどを知ってからの
2015年の七夕はなんだか新鮮ですよね。

今年はいろいろな思いや意味を考えながら
笹の葉に願いごとを書いた
短冊を飾ってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. プール 全国 ランキング
  2. こどもの日 鯉のぼり
  3. クリスマス 休戦
  4. クリスマス イルミ おすすめ
  5. クリスマス サプライズ 彼女
  6. 夏休み 海外旅行 2015
コメントは利用できません。

キーワードで記事を検索できます

気になるキーワードを入力して
検索してみてください^^

お問い合わせはこちら

管理人(すいたん)に記事にしてほしい内容
質問などお気軽にお問い合わせください。
問い合わせは下記画像をクリック!!
お問い合わせ