インフルエンザの種類は?タミフルや薬の副反応は?感染前に予防も

インフルエンザ タミフル

この前の記事ではインフルエンザが流行る時期ですね

ということでお話しました。

 

日本ではインフルエンザが流行りだすのが

厚生労働省調べて

12月〜3月とされていました。

関連記事⇒インフルエンザの予防接種はいつするのが効果的なの?値段は?

だとすれば、今からでも感染する前に

インフルエンザ対策をしたいところですよね。

 

でも、予防接種なども効果的だとされていましたが

インフルエンザには型があります。

 


スポンサーリンク

インフルエンザの種類には何型があるの?

あなたも聞いたことがあると思いますが

よくニュースなどで耳にするのが「A型」「B型」ですよね。

 

ですが、これだけではないようなのです。

厚生労働省のホームページにはこのように記載されています。

(出典先:http://www.mhlw.go.jp/)

 

インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは、

A型、B型、C型に大きく分類されます。

 

このうち大きな流行の原因となるのはA型とB型です。

 

現在、国内で流行しているインフルエンザウイルスは、

A/H1N1亜型とA/H3N2亜型(いわゆる香港型)、B型の3種類です。

 

このうち、A/H1N1亜型は、インフルエンザ(H1N1)2009と同じものです。

 

A/H1N1亜型のウイルスの中でも、平成21年より前に季節性として

流行していたもの(いわゆるAソ連型)は、

平成21年のインフルエンザ(H1N1)2009ウイルス発生後はほとんど姿を消しました。

 

これらの3種類のインフルエンザウイルスは、毎年世界中で流行を繰り返していますが、

流行するウイルス型や亜型の割合は、国や地域で、また、その年ごとにも異なっています。

 

日本国内における流行状況の詳細は、

国立感染症研究所感染症疫学センターのホームページを御覧ください。

 

と記載してありました。

ちなみに感染報告も挙げられていました。

インフルエンザ 感染

(出典先:http://www.mhlw.go.jp/)

 

このインフルエンザウィルスを抑制しようというのが予防接種です。

予防接種をしてもかかることがあると書いてありましたね。

関連記事⇒インフルエンザの予防接種をしても発症する!?

 

では、実際に感染して発症したときには

どのような薬が処方されるのでしょうか?

 


スポンサーリンク

インフルエンザ発症時に出される薬やタミフルの副反応は?

まず、副反応とはなんなのか?

 

厚生労働省ではワクチンを接種した時に

免疫がつく以外に反応がみられることがあると書いてあり

それを「副反応」と読んでいます。

ワクチンを接種したときの季節性インフルエンザでは摂取部に反応が見られるようです。 

・赤み

・晴れ

・痛み

 

これらが摂取した人の10%〜20%に

みられるようです。

 

全身の症状としては

 

・発熱

・頭痛

・寒気

・だるさ

 

が5%〜10%の方に現れるようです。

いずれも2〜3日で症状は収まるようです。

 

まれに

 

・アナフィラキシー様症状

・ショック

・呼吸困難

 

などが現れるようです。

 

続いてタミフルという薬についてですが

それについても厚生労働省に記載がありました。

インフルエンザ タミフル

 

タミフル服用時に起きる異常行動については

疫学調査の結果から因果関係は不明とされているそうです

 

副作用の報告もされていないみたいですね。

ただ、使用条件はあるようです。

 

タミフルを服用する際には

“10歳以上の未成年の患者においては、因果関係は不明であるものの、

本剤の服用後に異常行動を発現し、転落等の事故に至った例が報告されている。

 

このため、この年代の患者には、合併症、既往歴等から

ハイリスク患者と判断される場合を除いては、原則として本剤の使用を差し控えること。

 

小児・未成年者については、万が一の事故を防止するための予防的な対応として、

本剤による治療が開始された後は、(1)異常行動の発現のおそれがあること、

(2)自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が

一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。”

 

(引用元:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html)

とされています。

 

薬やワクチンのように免疫をつけたり

抑制したりするものについてはしっかりと医師等の

説明を受けて使用したいですね。

 

その前に

インフルエンザにかからないことが一番

だと思います。

 

それでは、

インフルエンザ感染前に予防対策!

インフルエンザ 予防

 

インフルエンザにかからない為には

どうすればいいのかということについて

厚生労働省がありがたい情報を提供してくれています。

 

インフルエンザにかからないための予防

・流行前のワクチン接種

発病する可能性を低減させる効果

 

・飛沫感染対策としての咳エチケット

インフルエンザの主な感染源は咳やくしゃみでの飛沫感染です。

それを浴びないようにすれば感染する機会は大きく減少します。

 

・外出後の手洗い等

インフルエンザウィルスを物理的に除去する有効な手段。

 

・適度な湿度の保持

空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下する。

湿度を50%〜60%に保つのが効果的。

 

・十分な休養とバランスの取れた栄養摂取

体の抵抗力を高める

 

・人ごみや繁華街への外出を控える

流行してきたら外出を控えることで

ある程度の飛沫感染を防ぐことができます。

 

このように色々とインフルエンザ対策について

Q&Aなど国民が不安に思っているようなことを

解決できるので何か不安があれば医師に相談や厚生労働省への

相談もできるのでしてみるといいと思います。

 

それではしっかりと予防して

インフルエンザが流行してもかからないように

万全の状態を維持しておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 夏休み 子供 無料
  2. 海水浴場 2015 ランキング
  3. 母の日 手作り プレゼント
  4. インフルエンザ 予防接種
  5. シルバーウィーク 映画 2015
  6. 梅雨 カビ対策 空気清浄機
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

キーワードで記事を検索できます

気になるキーワードを入力して
検索してみてください^^

お問い合わせはこちら

管理人(すいたん)に記事にしてほしい内容
質問などお気軽にお問い合わせください。
問い合わせは下記画像をクリック!!
お問い合わせ