日焼け止めと下地の違いや順番!塗り方と落とし方?パウダーが人気

日焼け止め 下地 違い

焼け止めがそろそろ欲しいと
思うくらい暑くなってきましたね。

暑くなるとどうしても気になってしまう
日焼け紫外線

日差しが痛くて慌てて
ドラッグストアで日焼け止めを
購入する人も多いはずです。

でも、どのお店に行っても種類が多い。

しかも、日焼け止めと
日焼け止め化粧下地って何が違うの?

と思いながらなんとなく購入していませんか?

今回はそんな日焼け対策についての
疑問を解決していきたいと思います。


スポンサーリンク

日焼け止めと化粧下地の違いは?

日焼け止め 下地
まずは日焼け止めと通常の化粧下地の
違いを確認してみましょう。

日焼け止め

日焼け止めというのは太陽から肌を
保護するものですよね!

太陽に当たったことで皮膚が炎症を
起こして火傷になってしまうのを防ぎます。

紫外線によるシミやそばかす
シワなどから肌を守る働きを持っています。

しかし、肌にかなり強い刺激を
与えるため必要以上に塗ることは
肌にはあまりよくありません。

用法、用量を守って使いましょうね!

日焼け止め化粧下地

一方、化粧下地というのは
基礎化粧品のあと、化粧をする前に
顔に塗るものです。

肌の表面を滑らかにし、
ファンデーションとの密着力を
向上させたりします。

また、紫外線や外気による乾燥から
お肌を守ってくれたり化粧崩れを
未然に防ぐ働きなどがあります。

なんとなく似ているようで効果は
違いますよね!

化粧下地はあらゆる刺激から
肌を守る役割がありますが、日焼け止めは
太陽による肌の炎症から守る
だけの役割しかありません。

これが大きな違いです。

そして、最近出回っているのが
この2つを組み合わせた日焼け止め下地です。

化粧下地の中に日焼け止め成分が
入ったものが売られているので
チェックしてみてくださいね!

365日使える日焼け止め化粧下地の詳細はこちら

日焼け止めと化粧下地の順番は?

日焼け止め 順番
ところで、実際に日焼け止めを塗る際に
下地と日焼け止め、どっちを先に
塗るのが正しいの?

どっちに塗るのが効果があるの?
なんて疑問持ったことありませんか?

PAとかSPFとかもよくわかってないし・・・

でも、大丈夫です。

今からその疑問を解決しますね!

SPFとPAの違いは?

かなり、迷ったあとに「まぁ、いっか」
となって順番を適当にしていませんか?

でも、順番を適当にすると
お肌を守る効果が低くなってしまう
かもしれませんよー!

ということで、正しい塗る順番は
日焼け止め⇒化粧下地が正解です。

なぜ、この順番なのかと言うと
化粧下地は基本的に肌を刺激や乾燥から
守る役割をするものですよね。

なので日焼け止めの上から下地を
塗ることで紫外線などからの刺激
乾燥から守ってくれるからだそうです。

また、顔の日焼け止めは
基本的には塗り直しができないので
しっかりと塗ってしまいます。

その上から下地、ファンデーションで
カバーするのがいいみたいですね!

そうそう、日焼け止めを塗るからには
海にいきたいと思いませんか?

カップルにおすすめの海水浴場は?

日本一早い海開きってどこ?

日焼け止めの塗り方は?

日焼け止め 塗り方
よし!日焼け止めと下地を塗る順番も
わかったし早速塗ってしまおう!

ちょと待てちょと待て、奥さん!
(8.6秒バズーカ風で)

塗る順番だけに着目しても
せっかくお金を払って買った
日焼け止めと下地のポテンシャル
最大限まで引き出せないですよ!

どうせ塗るなら最大限の効果を得て
キレイな肌を保っておきたいですよね!

そこで、押さえておきたい
日焼け止めの塗り方についての
ポイントを紹介します。

のばしすぎない

顔が白くなるのを恐れて
誰もがやりがちですが効果が薄れるのは
言うまでもありませんよね。

白くなるかどうかというギリギリの
ラインを攻めるのがコツです!

隅々まで丁寧に塗る

面倒かもしれませんが丁寧に
顔の隅々までしっかり塗りましょう。

もちろん、首なども忘れずに!

2~3時間おきに塗り直す

日焼け止めは水や汗に弱いので
塗り直すことがおすすめです。

最近では水に強いものも販売されていますので
そちらもおすすめですね!

化粧下地を上から塗っている方は
塗り直しは厳しいですけどね。

適量を塗る

ベタベタとベタつくのが嫌で少なめに
塗りがちですがハンドクリームなどと
同様に薄く塗っていては意味がありません。

しっかりと使用方法に書かれた
使い方をしましょう。

朝起きたらすぐに塗る

窓側いるだけでも
ベランダに出ただけでも焼けます。

意外な盲点になっています。

日焼け止めを塗る前に肌を整える

肌に刺激を与えないためにも
保湿をしっかりしましょう。

以上のことを守って日焼け止めと
うまく付き合いましょうね。


スポンサーリンク

日焼け止めの落とし方は?

日焼け止め 落とし方
さて、一日も終わりあとは日焼け止めを
落としてお家でゆっくりしようと
思ったときに日焼け止めって普通に
落とせるのかな?

なんて、思ったことありませんか?

普通に洗って落ちないからと言って
男性みたいにゴシゴシやってしまうと
皮膚が目に見えないレベルで傷ついて
しまう恐れがあります。

正しい方法で落とすには
日焼け止めが入っていた箱や
容器などの表示をしっかり見ることです。

どのような落とし方が必要なのか?
まずは見極めることが大切です。

基本的にはクレンジング不要
または専用クレンジングで落とす

この2つのどちらかの表示があります。

専用クレンジング不要の場合は
石鹸で落とせば十分落ちます。

落とし方としてはゴシゴシ力強く
こするのは避け太陽からの刺激を受けた
肌は弱っているのでさらに傷つける
ことになるのでやさしく洗いましょう。

おすすめは手で洗うことです。
これが一番刺激が少ない洗い方です。

では、専用クレンジングは
どのようにやるのでしょうか?

まず、日焼け止め専用クレンジングには
基本的に4タイプあります。

クレンジングジェル

肌になじみやすいので肌への刺激が一番弱いです。

クレンジング力は少し弱いので
ポイントメイクは落ちにくい
という欠点があります。

オイルクレンジングタイプ

洗浄力は一番強いです。

短所としては必要な皮脂までも
落としてしまうほど強力なので
肌が乾燥しやすくなります。

クレンジングミルク

洗浄力は弱めですが肌には
やさしいので敏感肌の方におすすめです。

また、しっとりするのが特徴です。

クレンジングシート

拭き取りタイプなのでかなりお手軽です。

しかし、アルコールを含んでいるので
肌への刺激はかなり強く毎日の使用は
おすすめできません。

このように4つのタイプがあるので
自分の肌状況に合わせたクレンジングを
使用して日焼け止めを落としましょう。

下地はパウダーが人気!

化粧下地と聞くとクリームタイプや
ジェルタイプを思い浮かべるかと思いますが
最近はパウダータイプの下地が人気です。

人気の理由は余分な皮脂を
吸着してくれるので化粧崩れを防ぎ
毛穴を目立たせずサラサラなところです。

皮膚と同じアミノ酸から作られているので
皮膚との親和性が高いそうです。

とてもお肌にやさしいのです。

また、保湿成分をしっかりと含んでいるので
乾燥からも肌を守り、もちもち肌が
手に入るそうですよ。

このような感じで人気を集めています。
気になる方はお試しください。

いかがでしたか?

日焼け止め、化粧下地の違いや
役割がなんとなく理解いただけたでしょうか。

日焼け止めの塗り方や落とし方を正しく
把握しているだけで肌への負担が軽減されます。

これで夏もなんとか乗り切れそうですね!
あなたに最適な日焼け止めが見つかりますように。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 日焼け止め 人気 ランキング
  2. 嫁のメシがまずい 対策
コメントは利用できません。

キーワードで記事を検索できます

気になるキーワードを入力して
検索してみてください^^

お問い合わせはこちら

管理人(すいたん)に記事にしてほしい内容
質問などお気軽にお問い合わせください。
問い合わせは下記画像をクリック!!
お問い合わせ